ご相談事例・よくあるご質問

「エステート・ラボ」にお客様から寄せられる、不動産売却についてのご相談や成功事例、よくあるご質問をご紹介します。当社は愛知県岡崎市を中心に仲介売却、不動産買取の他、任意売却にも対応いたします。空き家や使用しない相続物件の売却についてのご相談も対応可能です。不動産売却についてのお問い合わせは、お気軽に当社にご相談ください。

ご相談事例

準備中です。準備でき次第アップ致します。

よくあるご質問

こちらでは、お客様から当社によくお寄せいただくご質問を、Q&A方式でご紹介します。もちろん、こちらにないご質問についても、お気軽にお問い合わせください。

相談のお申し込みについて

Q1.不動産の売却は何から始めればよいですか?
A1. まずは当社までご連絡をお願いいたします。どのようなご事情で不動産を売却されたいのか、引渡しの期限があるのかなどをお伺いします。その上で無料査定を行います。売却することがまだ、決まっていない場合でもご相談は可能です。お気軽に当社にお問い合わせください。
Q2.遠方に住んでいるのですが、岡崎市内の物件の売却について相談できますか?
A2. はい。ご相談は可能です。物件が岡崎市内であれば、お住まいが市外の場合でも対応いたします。
Q3.住宅ローンの返済が苦しく、売却しようと思いますが、相談できますか?
A3. はい。ご相談できます。当社はさまざまなご事情で、売却せざるを得ないお客様からご相談いただいております。お客様の立場になってお話を伺いますので、気持ちを楽にして相談にお越しください。相談する際に売却の決定をする必要はありませんので、ご安心ください。
Q4. かなり家が古く、資産価値も低そうですが、売却の依頼はできるでしょうか?
A4. もちろん、ご依頼は可能です。不動産の資産価値は人によって異なります。古い家はリフォームができますし、修繕を前提とした価格交渉ができるケースもあります。家を解体し、更地にすることで購入希望者が見つかるケースもあります。これまでの売却事例を参考にしながら、最適なご提案をいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。
Q5. とりあえず査定だけ依頼することは可能ですか?
A5. 可能です。査定はすべて無料で承りますので、お気軽にご相談ください。査定額が分かると、住み替えの場合に計画的に進めることができますので、ぜひご利用ください。

査定について

Q1.不動産の査定ではどんなことをするのでしょうか?
A1. 査定の種類には「簡易査定」と「現地査定」があります。簡易査定は現場の確認はなく、市場の動向や周辺の物件価格、法規制や条例などを考慮して、およその査定額を算出します。「現地査定」は担当者が現地を訪問し、建物の状態やリフォームの有無、日当たり、騒音など環境面も確認し、より精度の高い査定を行います。
Q2.今すぐ査定額の概算を知ることはできますか?
A2. これまでの売却事例を参考にする方法があります。地域や建築面積、築年数などの条件に近い物件があれば、およその目安になります。査定も無料で承りますので、お時間があれば、どうぞご依頼ください。
Q3.不動産を査定してもらったら、売却しなければなりませんか?
A3. 決してそういうことはありません。査定額を見ながら、売却されるかどうかはお客様自身でご判断ください。他社と比較するために、当社の査定をご利用いただいても構いません。お気軽にご相談ください。
Q4.不動産を査定してもらったら、その価格で売ることになりますか?
A4. 査定額はあくまで参考価格で、その価格で売らなければならないというものではありません。ただ、当社が算出する査定価格は、不動産売却のプロの目で市場動向なども反映し、精度が高いものです。売却価格を査定額よりはるかに高く設定された場合、売却までに時間がかかったり、売買契約まで至らなかったりする恐れがあります。売却価格については担当者とよくご相談の上、決定されることをお勧めします。
Q5.現在、他社で売却中ですが、査定をお願いすることはできますか?
A5. どうぞ、当社に査定をご依頼ください。現在の売却状況について、当社からアドバイスさせていただきます。

契約について

Q1.不動産を売却する契約には、どのような種類がありますか?
A1. 不動産会社がお客様に代わって売却活動を行い、売買契約が成立したら、成功報酬を受け取る契約を「媒介契約」と言います。媒介契約には制約や義務の違いにより、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。専属専任・専任媒介契約は仲介する不動産業者は1社に限定されます。一般媒介契約は数社に依頼できますが、連絡のやり取りが煩雑になる可能性があります。その他、不動産会社による買取、競売にかけられる前に、不動産を売却する任意売却という方法があります。
Q2.住み替えするための売却契約は、購入するより先の方がよいでしょうか?
A2. 売却と同時に新居に入居できるのが理想的です。ただ、実際は売却と新居購入のタイミングがずれることが考えられます。スムーズに売却できても、新居が建設中では仮住まいすることになります。また、新居に入居する間近になって、売却活動を開始しても、希望価格で売却できないことが起こり得ます。売却と購入のタイミングについては、当社の担当者がより適切な売却プランをご提案させていただきます。
Q3.同時に複数の不動産業者に依頼しても大丈夫ですか?
A3. 専属専任・専任媒介契約は1社のみに依頼する契約ですが、一般媒介契約であれば、複数の業者に売却を依頼することが可能です。ただ、売却できるのは1社ですので、媒介契約を結ぶ前に信頼できる1社に絞ることも大切です。
Q4.任意売却とはどのような売却方法ですか?
A4. 住宅ローンが支払えなくなった場合、金融機関と合意の上で、不動産の売却手続きを行う方法です。住宅ローンが支払えない場合は、金融機関が担保権を実行し、不動産を競売にかけて、ローン債権を回収します。しかし、競売では不動産売却に時間がかかり、売却価格も低くなります。任意売却にすると、不動産会社が仲介することで、競売よりも高い売却価格が見込めます。
Q5.抵当権がついたままでも大丈夫ですか?
A5. 売買契約が成立したら、当社で不動産の抵当権を抹消する手続きをいたします。お客様の方で事前に抵当権を抹消する必要はありません。

売却活動について

Q1.不動産売却ではどのような販売活動をしてもらえますか?
A1. 一般的には新聞折り込み、ポスティング、近隣住民への営業、現地看板の設置、不動産ポータルサイトへの登録、指定流通機構(レインズ)への登録などです。当社ではこの他、自社ホームページへの情報掲載、当社顧客へのDM送付などを行っております。
Q2.不動産の販売活動を依頼すると、広告料金を支払うのですか?
A2. 基本的に仲介手数料のみで、その他の費用をお支払いいただく必要はありません。ただし、お客様からのご要望で特別な広告を出す場合は、実費をご請求させていただくケースがあります。その場合はお客様に事前に許可をいただきますので、ご安心ください。
Q3.ご近所に売却を知られないように、プライバシーは守ってもらえますか?
A3. はい。当社ではお客様のプライバシーに最大限配慮した売却活動を行うことができます。ご近所に知られたくない場合は、新聞折り込みやポスティングは行いません。お客様のご事情に配慮した売却活動を行いますので、ご安心ください。
Q4.家に住み続けながら、不動産を売却することはできますか?
A4. はい。できます。ほとんどの方が住まわれたまま、売却活動をされています。ただし、購入希望者の方が見学に来られたときには、内見対応などをお願いする場合があります。その際にはご協力をお願いいたします。
Q5.できるだけ高く売りたいのですが、可能でしょうか?
A5. どの売主様もできるだけ高く売却したいと思われています。高く売るためには、希望する売却価格で購入してもらえる買主様を見つける必要があります。そのために当社はこれまでの実績で培ったさまざまなネットワークを駆使し、地元密着のより細かな対応力で売却活動を行って参ります。
【不動産を売りたい方へ】不動産売却メニュー